• HOME
  • 食/ヴィーガン
  • このまえのカンブリア宮殿見た?不二製油の大豆ミート回ヤバかったね。っていう話。

このまえのカンブリア宮殿見た?不二製油の大豆ミート回ヤバかったね。っていう話。

食/ヴィーガン

先日、テレビ欄の「“大豆ミート”60年にわたる黒子企業の挑戦とは!?」という表題が気になり、カンブリア宮殿を録画しました。昨今大豆ミートを使用した商品がとても増え、ヴィーガンではない方の注目度も上がっていると思います。健康志向の人も増えてますし、コロナ太りによるダイエット目的の方も注目しているかもしれませんね。

そんな大豆ミートですが、どんな会社が研究・開発をしているのか、裏方企業の存在までは考えたことがなかったですよね。
実際わたしも放送を見るまでは不二製油株式会社という社名も存じ上げませんでした。ですが番組で理解を深め、イッキに不二製油の大ファンになってしまいました!

2021年2/4放送のカンブリア宮殿、不二製油回の気になったポイントをまとめて紹介します

1.番組内で紹介された大豆ミートのメニュー

・一風堂「プラントベースの豚骨ラーメン」

あっさりしたプラントベースのラーメンなら作れそうだけど…。そこは豚骨ラーメンの一風堂!「ベジタリアンの方にもうちの豚骨ラーメンを食べて欲しい!」と不二製油にスープ作りを依頼。試作を重ね3年、ようやく大豆から作る豚骨ラーメンが完成したそうです!気になる、食べてみたい!

一風堂/プラントベース赤丸
価格:1,100円(全国44店舗 期間限定)
URL:www.ippudo.com/news/210201_plantbased_akamaru/

・ロッテリア「ソイ野菜ハンバーガー」

2020年7月よりロッテリアでは大豆ミートハンバーガーを全国販売しています。
番組内では、店内のお客さまに大豆ミートとは明かさずバーガーを食べてもらい気づくかどうかの実験をしていましたが、9組中6組が本物のお肉だと回答していました。これはすごい…!わたしもドトールとフレッシュネスバーガーでは大豆ミートバーガーを食べたことがありますが、ロッテリアでも食べてみようと思います。

ロッテリア/ソイ野菜ハンバーガー
価格:370円
URL:www.lotteria.jp/menu/001955/?c=burger

・ファミリーマート「大豆ミートのトルティーヤ」

ファミリーマートの商品には、実は不二製油の大豆ミートを使用した商品がたくさんあるそうです。
例えば坦々風パスタサラダ、ジャージャー麺など番組内でいつくか紹介されていましたが、中でもトルティーヤが美味しそうで気になりました!野菜の水分を吸って大豆ミートがふやけるなどの問題点を乗り越え、常に改良しおいしさに磨きをかけているんだとか。1パックの中で、大豆ミートの唐揚げを使用したタルタルチキン風と、大豆ミートそぼろを使用したタコスミート風の2種の美味しさが楽しめる商品です。

ファミリーマート/2種類のトルティーヤ-タルタルチキン風・スパイシータコスミート風
価格:398円

・ホテルニューオータニ SATSUKI「大豆由来のウニを使用、海鮮ペンネグラタン」

不二製油の大豆製品は疑似肉にとどまりません。なんとウニまで…!しかもかなり“ウニ”らしいです。紹介されていた海鮮ペンネグラタンは、本物のウニと不二製油のウニをブレンドしているそうなんですが、本物のウニだけで仕上げるよりなぜかよりウニが感じられ、さらに大豆成分が胃もたれすることなく最後まで美味しくいただける“ホンモノ超え”らしいです。こうなるともう代用品とは言えませんね。

ホテルニューオータニ SATSUKI/海鮮ペンネグラタン
価格:4,400円(冬季限定)
URL:www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/satsuki/tokusen-winter/

・焼肉ライク「大豆ミートのカルビとハラミ」

ひとり焼肉で今話題の焼肉ライク。さすがに焼き肉で大豆ミートは無理なのでは…?と思うところですが、2020年11月から大豆ミートメニューの提供をスタートしているそうです! その名も「NEXTカルビ」と「NEXTハラミ」。
店内でインタビューを受けたお客さんは「本当にお肉みたい、違和感がない」とコメントしていました。焼き肉というごまかしようのない分野でも成立するなんて…スゴすぎます。(番組内で紹介されておりましたが、こちらは不二製油さんではなくネクストミーツ株式会社さんが開発している製品だそうです。)

焼肉ライク/NEXTカルビ&NEXTハラミ
価格:NEXTカルビ50g(290円)/NEXTハラミ50g(310円)
URL:www.ippudo.com/news/210201_plantbased_akamaru/

2.大豆ミート料理専門店「アップグレード」の情報

不二製油はBtoBの裏方企業ですが、現在は大阪・大丸心斎橋店に直営店があり、そこでは直接いろいろな大豆ミート料理をいただくことが出来ます。企業からのレスポンスでしか反響を確認することが出来なかった不二製油にとって、直営店はお客様の声を直に聞くアンテナショップとしての役割があるそうです。
現在は大阪の一店鋪のみだそうですが、今後増えてくれたら嬉しいですね。わたしも行ってみたいので。

UPGRADE Plant based kitchen
住 所:大阪市中央区心斎橋筋1丁目7-1  大丸心斎橋店 本館地下2階 FOOD HALL内
アクセス:御堂筋線心斎橋駅(南北改札、南南改札)より地下道直結
URL:www.upg-pbk.com

店鋪には美味しそうな大豆ミート料理がところ狭しと並んでいましたが、中でも人気のある料理をランキング形式で発表していました。

1位・ソイラザニア 400円

2位・アップグレードから揚げ(油淋鶏風) 400円

3位・至極のベジバーグ(きんぴら) 450円

スタジオでは村上龍さんがソイラザニアを、小池栄子さんがから揚げを召し上がってましたが、お2人ともリアルな再現度と美味しさにとっても驚いてましたよ!

3.不二製油ってどんな会社??

油脂作りの技術を生かして、食品メーカー向けの製品を手がける不二製油。中でも業務用チョコレートでは世界3位のシェアを誇り、世界14カ国に拠点がある年商4000億円のグローバル企業なんです。
大豆ミートは60年前から研究を始め、今では国内シェア5割!この分野のパイオニアでありトップメーカー。BtoB企業なのでわたしたち一般消費者が社名を目にする機会は少ないですが、すごい会社なんですね!

大豆ミートは高タンパク低カロリー。コレステロール値や中性脂肪を低減させるという研究もあり、需要の高まりと比例し国内生産量は右肩上がり。いまでこそ時代が追いつきトップメーカーになった不二製油ですが、「(大豆事業は)やめたほうがいいんじゃない?」とたくさん言われてきた過去も。1969年に日本初の業務用大豆ミート「フジニック」を発売するも、当時の商品は大豆の臭いがプンプンして品質が悪く、本物の肉より高く品質も悪い代用品が売れるはずもなく赤字続き。それでも信念を貫き、やめるどころか2016年には45億円を投資し不二サイエンスイノベーションセンターを設立。その結果に現在の不二製油があるというわけですね。

そんな不二製油グループの三代目社長、清水洋史さん(67歳)。
社長室で愛妻弁当を頬張りながらの登場。お弁当のおかずにはお肉がいっぱい。流れ的にたぶん大豆ミートなんだろうな、と思っていたらまさかのリアルミート(笑)「一番好きなのはステーキ、その次が焼き肉とすき焼き。」と言ってました。めっちゃ正直。逆に信頼出来る(笑)

「これから地球がどんどん人工が増えたときに動物タンパクだけでは難しい。」「これをやめては不二製油ではなくなる。絶対に将来大豆が世界を救うことになるんだから。」とお話する清水社長を見て、才のある経営者ってすごい…!と感動しました。いまでこそこういうことがあたりまえに叫ばれてますけど、それを何十年も前から信じて疑わなかった先見の明といったら。

「ほんとうのお肉みたい!いや、ホンモノ超え…?」不二製油の大豆ミートへのこだわり
「代用ということになると究極は肉のほうがうまいということになってしまう。お肉は美味しいですから、(市場から)なくなることはないと思う。でも代わりになるものを作っていたらいつまでたっても肉を超えられないから、肉よりもうまいものにしていかなくてはいけないというのが私の考えです。それに今は地球に優しいなら、大豆のほうがいいという人も出てきていますしね。」と清水社長。

「疑似なんだから本物に劣っていて仕方ない。」とは思っていないから、不二製油の作る大豆ミートはすごいんですね!
電子顕微鏡で繊維の断面を研究し、ミクロレベルで肉の構造に近づけるなど極限まで食感も再現。
そして、やはり肉の味の決め手は油。精油会社の強みともいえますが、30種類以上の油脂の組み合わせから肉の味を生み出します。業界では「油脂のマジシャン」と呼ばれているそうです。

4.期待しかない!これから発売される驚きの大豆製品

大豆の研究に余念がなく斬新な製品を次から次と生み続ける不二製油ですが、さらに常識を覆される製品が開発されているようです。

それはなんと、食パン!!

パンと言えば炭水化物の代表選手。おいしいけれど食べ過ぎればそれはダイエットの敵!
もしも大豆粉で出来た食パンがあれば…。
食べた後の罪悪感がないどころか、パンでタンパク質が取れる時代がそこまで来ているんですか…!?テレビの前でわたし歓喜。絶対買うよ。今から約束する。

人間の骨格や筋肉をつくる上でタンパク質が非常に重要な成分であることは言うまでもないですが、大豆は植物の中で圧倒的にタンパク質が多く、生物にとって必要なでんぷんと脂肪とタンパク質を理想的な比率で持っているキセキの食材だそう。これは神様が与えたとしか考えられない!と清水社長はおっしゃっていました。

研究を初めて3年、ようやく形になってきて、コンビニやパンメーカーへの提案もスタートしている段階だそうです。デビューまでもう秒読みかも。
今後も不二製油から目が離せません!

naoco

12,452 views

動物とコスメと都市伝説がすき。

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA