• HOME
  • その他
  • インド人彼氏の母親と宗教の折り合いを付けられるか?

インド人彼氏の母親と宗教の折り合いを付けられるか?

その他

投稿者:ぷりんさん(29歳/女性)

私には2歳年下の彼氏がいて、結婚も考えています。
彼はインド出身です。
日本の企業にいて日本で働いています。
そして、彼は宗教上の理由でベジタリアンであり、家族、親戚もみんなベジタリアンです。
ちなみに、私はまったくのノンベジタリアンで今後もベジタリアンになろうとは考えていません。
しかし、彼の母親は宗教的な方らしく、今後結婚の話をする時どう切り出していけばいいのか?
認めてもらうにはどう話をつめていけばいいのか?
ネットの情報だけでは限界があり、自分たちも話をしていますが話が進みません。

そのような方々の話を聞いたことがありますか?

もし、そのような問題があり、でも最終的に結婚が出来た人がいれば話を聞きたいですし、アドバイスをお聞きしたいです。

\ EDITOR’S ADVICE /

「2歳年下の彼と結婚を考えています。」
なんてスイートな響き❤︎
凍らせたスポーツドリンクの最初の溶けかけの部分くらい甘いよ〜(©️スピードワゴン)

ほんらい脳内お花畑ハッピー期であるはずのときに、ヘビーなお悩みをお抱えになって・・・
ぷりんさん、まずは心からおつかれさまです(涙)

外国人の彼と結婚を考えるとき、多く浮上するのが宗教問題ですよね。

海外ドラマの金字塔、SATC(セックス・アンド・ザ・シティ)で、シャーロットが恋人のハリーと結婚するためにユダヤ教に改宗するというエピソードがありました。

©️Sex and the City

改宗に伴い様々な試練を乗り越えた末に、元々クリスチャンで乙女気質のシャーロットはツリー飾りを悲しげに愛でつつ「クリスマスをお祝いできないのが一番辛い…」と言っていたっけ。

日本人は無宗教の人が多いから、深いお付き合いになる前に「長男なのかな?」「年収いくらだろ?」「転勤とかある仕事?」と考える人は居ても「彼の宗教は?」を気にする人は稀だと思います。
実際自分にこういったことが起きると、予期していない分ビビりますよね;
お気持ちお察しシマスです。

ぷりんさんの彼はインド人でベジタリアンということなので、たぶんヒンドゥー教徒ですよね。
「自分たちも話をしていますが」という一文から、彼自身はぷりんさんが無宗教(もしくは異教徒)でもいいと言ってくれているけれど、問題は彼の母親をどう説得するか、ということだと推測します。

この場合の選択肢は2つ。
ぷりんさんが寄せるか、母親を無視するか、正直このどちらかなのかな〜と思います。

ぷりんさん目線で最高峰の解決は、彼のお母様が「ぷりんさんは無理に私たちに合わせる必要ないのよ」と言ってくれることですよね。でも「それはなさそうだな…」と彼が思っているからお二人は話し合いをしているのでしょう。

ぷりんさんが、出来ればヒンドゥー教に入信(もしくは改宗)、最低でもベジタリアンになるのが無難かつ円満な解決案だと思います。
それが難しいなら「異論は受け付けない!」と強制的に彼の親と距離を取るしかないでしょうね。

日本人同士で結婚し、さらには宗教問題がなかったとしても、
「子供の顔はいつ見れるんだ」とか、「あら、レトルト食べさせてるの?」とか、「いつまでも働いてないで、家で息子を支えてあげて」とか、「人妻なんだからあまり派手な服装はしないようにね」とか、姑の過干渉は世間に溢れていますよね。

「はい、お義母様。」と姑の顔を立てるか、「わたしたち夫婦が決めたことですから。」とスタイルを貫くか。
ぷりんさんの国際的なお悩みから、話がいきなり半径2メートル圏内に近づいてきましたが、是結局世界共通なり。

ちなみに、ヒンドゥー教徒にお嫁入りするため形式だけ改宗する方も居られるようですよ。
彼のご家族がインド在住か日本在住かでも話は変わってくるかもしれませんが、どうしても彼以外は考えられないということであれば、なにかは諦めないと厳しい結婚かもしれません。

むかし、女優・ジュリアロバーツがヒンドゥー教に改宗、というニュース(ゴシップ?)がありました。結論から言うと誤報だったそうですが、ジュリアがインドやバリでヒンドゥー教の寺院を訪れている間にインド哲学や仏教に影響を受け、強い興味を持っていたのは事実だそう。
せっかくヒンドゥー教の彼がいることですから、一度ヒンドゥー教に向き合ってみるのはどうでしょう?入信するかはとりあえず置いといて、新しい扉が開くかもしれませんよ!

ぷりんさんとまったく同じ境遇ということではないですが、過去にいただいたお悩みに「ヴィーガンの彼と結婚するか悩んでいます。」というものがありました。
もしかしたらこちらの回答が少しぷりんさんのご参考になるかもしれません。
上記の相談者さんに宗教上の問題はありませんが、パートナーと食事の方針が違うということはそれだけで非常に大きな悩みになります。
苦難があっても彼と一緒になりたいかどうか自分自身と相談し、回答が「イエス」ならそのハードルを越える方法と工夫はいくらでもあると思います。

彼との愛を育みながら自分の心の声もよく聞いて、後悔しない結論を出してくださいね。
どの道を選んでもぷりんさんを応援しています。

naoco

12,452 views

動物とコスメと都市伝説がすき。

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA