• HOME
  • その他
  • 「いまさら聞けない」“サスティナブル”とは?

「いまさら聞けない」“サスティナブル”とは?

その他

テレビ、雑誌、ネットなど、あらゆる場所で“サスティナブル”という言葉を目にするようになりました。「最近よく見るけどどういう意味だろう」と気になっている人も多いのではないでしょうか。

Sustainable(サスティナブル/サステナブル)
▶「持続可能な」(使用例:サスティナブルな社会)

「持続可能な」といわれてもあまりピンときませんが、「サスティナブルな社会」という使い方をした場合には、「限りある資源を使い切らないよう地球環境を保全しつつ、将来にわたって持続していける社会」を意味します。現在は「サスティナブル」という単語そのものがすでにその意味を含んで使われていることが多いです。
2015年に国連サミットで採択された「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」の頭文字も「Sustainable」の「S」です。SDGsの制定をキッカケに、日本でもサスティナブルという言葉が一般化しました。

SDGs(エス・ディー・ジーズ)
▶「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。 国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた17の目標を指す。
(SDGsについて詳しく知りたい方は▷こちらのサイト◁がおすすめです。)

実は2015年よりもっと前から、日本人は「サスティナブル」になじみがあるんです。「ロハス」って聞いたことありませんか?

LOHAS(ロハス)
▶健康と地球環境を志向するライフスタイル。Lifestyle of Health and Sustainability

ロハスは1990年後半アメリカで発祥し、日本でも2000年にそのブームが広がりました。このLOHASの「S」も「Sustainable」なんです。「最近よく聞くなぁ」と意識し始めた新しい風と思いきや、平成初頭から「サスティナブル」に触れていたんですね。
当時は社会問題というより一部の個人的趣向というイメージが強く、「ロハスピープル」「ほっこりすと」という蔑称も造語され、今でいうところの“意識高い系”の人たちのライフスタイル表現と思われている節がありました。
ですが現代ではそういった趣向の枠を越え、すでに地球人の義務にまで転換されています。かっこイイとか悪いとか、癒されるとかそうじゃないとか、もうそういう次元で語れない程せっぱつまった我らが地球号。「全人類でサスティナブル、考えていこうよ」と急ハンドルが切られたため、いままで意識していなかった層の耳にも届くレベルで「サスティナブル」が叫ばれているんです。

[関連用語/活用例]
サスティナビリティ(Sustainability):持続可能性
サスティナブルデザイン:再利用素材を使うなど、環境に配慮したデザイン
サスティナブルデベロップメント:将来の世代が必要とするものを損なうことなく、現在の世代の要求を満足させる開発

去年の7月から、スーパーやコンビニでレジ袋がもらえなくなりましたよね。いままでも「NOレジ袋」という標語はありましたが、なかなか実行に定着せずついに有料化しました。「3円5円ならべつに払うし」という話ではなく、これからはビニール袋をぶらさげて歩いていたらモラルが低く恥ずかしいという風潮です。レジ袋に限った話ではなく、これからはサスティナブルを無視して成り立つビジネスはありません。

「クリーンビューティ」という言葉を美容雑誌などでよく見るようになりましたが「サスティナブル」を美容マーケットに落とし込んだものが「クリーンビューティ」です。現状、明確な定義はありませんが「健康、環境、社会、動物に害のない美容アイテム」という“概念”に近いものといえます。
具体的な内容はメーカーや商品によってまちまちですが、当サイトが主軸に置くクルエルティフリーもクリーンビューティーの一環といえますし、他にも包装を断るとポイントが貯まったり、原材料がフェアトレードであったりとさまざまな行動があります。

そういった、クリーンビューティーという概念を反映させたビューティープロダクトを「エシカルコスメ」と呼ぶようになりました。
一見ナチュラルコスメや無添加化粧品と混同しがちですが、エシカルコスメは使う人の肌に優しいだけでなく、人権や環境の枠まで配慮が及んでいるコスメということになります。
使用感や価格で選んでいた化粧品も「エシカルかそうでないか」という基準で選ぶ時代にシフトしている過渡期です。レジ袋と同じく、地球に優しくないコスメを使っていればそれは恥ずかしいことであると感じる時代が鼻先まで来ています。見た目だけ映えていればSNSでアピール出来る時代はジエンドです。
倫理観、まさにエシカルな視点が重要だと気付けない人、モノ、企業からまっさきに淘汰されていくことになるでしょう。

ちなみにオーガニックコスメはクリーンビューティーでありエシカルコスメです。複雑に定義が絡み合うコスメの分類を把握したい方にはこちらの過去記事がおすすめです。
[記事] 多々あるコスメ分類を徹底分析して、最強コスメにたどり着きたい。

naoco

12,452 views

動物とコスメと都市伝説がすき。

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA